REPORT


6 - Gran Premio d'Italia Oakley

03 Jun 2018

「決勝レーススタート直後の2コーナーで転倒してしまったのは、とても残念です。後方にいたペドロサ選手のマシンが僕のリアタイヤに接触したことが原因ですが、レーシングアクシデントで不運な結果になってしまいました。マシンを引き起こしてコースに復帰し、ピット前に戻ってチームと相談したとき、レース復帰は難しいと言われたのですが、どうしても走りぬきたいと話すと理解をしてもらえました。

ハンドルバーは少し傷んでいたのですが、それ以外のバイクの状態にほぼ問題はなく、最後までレースを走りきることができました。今回は最後尾で終えることになってしまいましたが、これも貴重な経験だと思います。レース復帰後はいいペースで走行できたので、次戦のモンメロ(カタルーニャGP)では力強い走りを披露できると思います。今回の週末を支えてくれたチームと、応援してくださったファンの皆様に感謝をしています。」


“I’m very disappointed about the race after what happened at the start on turn two. I understand that Dani (Pedrosa) lost control and hit into my rear tyre, it was a very unlucky crash. I took some time, but I restarted again. I went back to the box and discussed things with the team. They said no, but I couldn’t finish like that after two corners and so I restarted again. ”

“The bike was ok, the handlebars were a little bit broken but I tried my best just to finish the race. Ok, I finished in last position, but this is racing. My pace during the race was quite good and I’m looking forward and am positive about Montmelo now. I want to say thanks to the team and the fans for all their help this weekend.”

© N-PLANNING and Taka-Nakagami