REPORT


1 - VisitQatar Grand Prix

10 March 2019

「今日はいいスタートを切ることができました。9番グリッドというアドバンテージを生かし、オープニングラップは5番手までポジションを上げることができました。今日はリアにソフトを選択したので序盤からアグレッシブに行こうと決めていました。しかし、ミルと接触しそうになり、それを避けたときに4台に抜かれ、その後のレース序盤にはミラーにブロックされて、トップグループとの間にギャップが開いてしまいました。今日は一時11番手までポジションを落としてしまいましたが、ペースを取り戻し9位までばん回しました。トップグループとの差も7秒で、トップグループを視野に入れて戦えたことで、いろいろ勉強になりました。今大会はウイークを通してトップ10内で走ることができました。それが大きな自信になり、これまで課題だった序盤のペースも改善することができました。次戦アルゼンチンは、Hondaマシンとの相性はいいと思うので、もっといいレースができると確信しています。今大会も応援してくれたファン、そしてスポンサーに感謝したいです」


“It was a bit of a struggle today, but I’m really comfortable on the bike and, especially at the start of the race, I felt really strong. Last year, I struggled to get the speed I wanted after the start, but this time there was a real improvement I think. After that I was a little bit disturbed by (Joan) Mir and (Jack) Miller during the race. After that I tried to overtake them and maintain my rhythm and, in the end, the lap time was quite good".

“The race was good and I’m really happy to finish in the top 10, of course we can still improve but, for the first race, P9 is not so bad. The team looks happy so I’m happy as well!

© N-PLANNING and Taka-Nakagami