REPORT


2 - Gran Premio Motul de la República Argentina

31 March 2019

「7位でゴールできてすごくうれしいです。今日は週末と違うフィーリングで、グリップにすごく苦戦しました。それは僕だけではなかったと思いますが、そういう状況の中で、2位争い、表彰台争いが常に見える位置で戦うことができました。カタールGPと比べても、はるかにいいレースだったと思います。今大会はタイヤの選択が難しいレースでした。昨日の時点では、リアはミディアムがいいかなと感じていましたが、決勝前にワークスチームのマルクとホルヘの2人がソフトで行くということがわかり、自分もそれにならいました。グリッドについたときに日差しが強くなりました。リアに選択したソフトは、フリー走行では20周くらいまで走っていましたが、そこから先は未知の世界だったので、どうなるのだろうと思いました。しかし、結果的にタイヤチョイスはよかったと思います。今日もしっかり走りきって7位でフィニッシュしました。大きな自信になりました。次のアメリカではさらに上位を目指します」


“I’m pretty happy about today’s result. The race was quite tough because I chose the soft rear compound as I wanted to try and push towards the front after the start. But unfortunately I struggled to find a grip with it from the beginning and so it was a demanding race for me”.

“But we tried to do our best, the race pace was consistent throughout apart from the last five laps when the grip was nearly gone. I’m happy to finish P7, which is my best result in a dry race, and I really want to thank the team who did a great job this weekend. We are closing the gap to the top and are really looking forward to Texas where we can make another step forward.”

© N-PLANNING and Taka-Nakagami