REPORT


3 - Red Bull Grand Prix of The Americas

14 April 2019

「今日はスタートがあまりよくなかったうえに、1コーナーでロレンソ選手がラインを変更した際にラインが重なってしまい、ポジションを落としてしまいました。そのあとザルコ選手を抜くのに手間取り、前のグループから遅れてしまいましたが、前を走る選手が転倒したり、トラブルがあったりで、ポジションを上げていくことができました。終盤に向けてペースを上げていけましたし、もう少し周回があれば8位も可能だったと思います。追い上げているということもありますが、最終ラップにベストラップを出せたのはポジティブでした。10位という結果には満足しています。ただ、内容は序盤の2戦に比べてあまりよくはありませんでした。正直、このサーキットは自信があったので、今季ベストを期待していましたが、トップから31秒差の10位というのは、素直には喜べない内容でした。序盤の2戦は10秒以内でしたし、この遅れについては、これからしっかり検証して次のレースに活かしたいです。これで序盤の3戦が終わりました。とりあえず3戦連続でトップ10フィニッシュを達成し、ヨーロッパラウンドを迎えられるのはうれしいです。次のヘレスは得意なサーキットなので、ベストリザルトを目指します」


“The start wasn’t too bad, after that I didn’t have the best line into turn one as I followed Jorge (Lorenzo), but he suddenly changed his line and I lost my position. So after that it wasn’t the best first lap and I really struggled to find grip and dropped another position. It took me a little bit of time to find the pace and overtake (Johann) Zarco and then our pace was not fantastic, but also not too bad. I just tried to be consistent and keep the pace and in front of us there was some trouble and some riders crashed and I saw that my position was improving. In the end I could have had P8 as Pol (Espargaro) and (Francisco) Bagnaia were only a second ahead, I needed one more lap but it wasn’t possible. Overall, it was a tough weekend for us but we finished in the top 10 which is not too bad. Now we are looking forward to Jerez where we did a really fantastic job in the winter test and I can’t wait to race there.”

© N-PLANNING and Taka-Nakagami