REPORT


4 - Gran Premio Red Bull de España

05 May 2019

「今日は厳しいレースでした。内容的には納得できませんが、最終的に9位でフィニッシュできたのはよかったと思います。しかし、得意のヘレスなので、もうすこし上の順位を狙っていました。序盤、アグレッシブさに欠けたことが今日の反省点となりました。スタート直後、スペースを見つけたらすぐに前で出ていくという積極性が足りませんでした。今、振り返れば、もう少しいけたし、いけばよかったなと感じています。今日の反省点を克服するためにも、明日のテストでは、スタート直後のライン取り、ペースアップの仕方などをテストメニューにいれていこうと思います。今大会は自分の中でいくつか大きな課題が残りましたが、トップ10フィニッシュを果たせましたし、開幕戦からのスピードは完全に自分のものになってきたと感じています。マシンもタイヤもよかったです。チームのすばらしい仕事には感謝しています。次戦フランスもベストリザルトを目指し、全力を尽くします」


“At the end of the race we were quite competitive and the lap time was consistent, in the low 38s and on the last lap I did very close to the best time, but it was too late. The first lap was much better than at the other circuits, but we are still missing a bit of aggression on the riding and I lost a few positions at the start of the race. We have to focus on that point because during the race and at the end of the race we were quite strong. It’s another top 10, P9 is not too bad but we can improve a lot for the next race and keep improving.”

© N-PLANNING and Taka-Nakagami