REPORT


8 - Motul TT Assen

30 Jun 2019

「今日はスタートもよく、オープニングラップもグリッド通りの8番手で通過しました。ペース的にはそれほど速くはなく、チームメートのカル、ジャック・ミラー、バレンティーノ・ロッシらとバトルになりました。5周目にバレに抜かれ、すぐに抜き返したのですが、8コーナーのブレーキングで、イン側に青いマシンが見えたと思った瞬間、足下をすくわれるように転倒しました。8コーナーはスピードも高く、グラベルでかなり転がったので全身が痛く、しばらく動けませんでした。医務室に運ばれ、検査した結果、骨折はないとのことで、まずはひと安心です。ただ、左足首が痛いので、連戦となるドイツGPに向けてしっかり治療をしてザクセンリンクに挑みたいです。残念な結果に終わり、悔しいレースとなりました。この悔しさを連戦となるドイツGPにぶつけたいです」


“It was an unlucky day, we made a good start at the beginning and I tried to follow the top group. Then I was fighting with Cal (Crutchlow), Jack (Miller) and Valentino (Rossi), and on that lap he (Rossi) overtook me in turn one and I overtook again in turn two, then in turn eight he tried to overtake again from inside but I saw him lose the front end and I had no time to recover and he took me out. It was an unlucky crash, but although I’m not 100 percent ok, I’ve not got any injuries which is good as it was a nasty crash. I hit the fence and I can’t completely remember what happened, but I want to thank all my staff for helping me.”

© N-PLANNING and Taka-Nakagami