REPORT


9 - HJC Helmets Motorrad Grand Prix Deutschland

07 Jul 2019

「金曜日はそれほではありませんでしたが、昨日、今日と痛みとの戦いになりました。今日もウォームアップ前と決勝前に痛み止めを打ちましたが、本来の自分の走りができず、厳しく苦しいレースになりました。加えて、終盤の8周は、左側のリアタイヤの消耗が激しく、それまでより1秒から2秒、ペースを落とさなくてはいけませんでした。そういう状態で14位で完走してポイントを獲得できたのはよかったです。予選は一周だけがんばって10番グリッドを獲得しましたが、決勝はそうはいきません。なるべく体力を温存してレースを走りきろうと決めていました。身体の動き、メリハリをおさえて走ることに決めて、リアにソフトを選びました。なんとか最後まで持たせられるだろうと思っていましたが、タイヤを使いきってしまったのは残念でした。それがなければ、ブラドル選手とは戦えたのではないかと思います。これから夏休みに入るので、日本に帰って、MRIなどでしっかり検査と治療をして後半戦に挑みたいです」


“It was a really tough day, like yesterday. The situation is that my whole body was getting worse not better so unfortunately it was a difficult two days. But yesterday was good, we did really well considering my condition. During the warm-up, the doctor gave me some injections to help with the pain which helped a bit. During the race there was a lot of pain and it was difficult. Over the last eight laps I had lack of grip on the rear and I had to slow down, but we scored a few points and that’s quite positive. Now we have three weeks off and tomorrow I’m going back to Japan so I will have time to rest, especially my left foot. We have time, so I will try to recover soon and I’m really looking forward to working with the team in the second part of the season.”

© N-PLANNING and Taka-Nakagami