REPORT


5 - Grande Prémio Tissot de Portugal

24 Apr 2022

「いいスタートを切ることができ、序盤はいいポジションにつけることができました。ビンダーとポルの後ろでいいペースがあり、マシンにも自信がありました。でも13コーナーでビンダーのリアタイヤにハンドルバーが当たってしまい、フロントから転倒してしまいました。そのあと再びレースに戻ることができたので、できる限りプッシュしました。ペースはかなり安定していました。何度か1分39秒台を出すことができました。今日はいいレースができると思っていたので、チャンスを逃してしまい残念です。ヘレスは大好きなサーキットの一つなので、そこでまた、がんばります。ヘレスではいいレースができるポテンシャルがあります」


“I had a good start and I was in a good position on the first lap. I was stuck behind (Brad) Binder and Pol (Espargaro) and had good pace and confidence on the bike. But on that lap at turn 13, unfortunately I hit Binder’s rear tyre with my handlebar and I lost the front and had a crash. I was able to rejoin, and from that moment on I pushed as much as possible and my pace was pretty consistent – I managed a couple of 1’39s. It’s a shame we lost another good opportunity as we could have had a good race today. I’m really looking forward to the next race in Jerez as it’s one of my favourites, so let’s restart there. We definitely have good potential in Jerez.”

© N-PLANNING and Taka-Nakagami